Sicilia Reportガイドブックにはのっていない情報を現地からレポート!

Vol.18 冬のシチリア観光ガイド エトナ周遊鉄道編~車窓からの景色

ランダッツォで食事をゆっくり済ませても済ませても14時15分。

何もやっていない時間に町にいても時間を持て余してしまうので

車窓の旅を楽しむことにして、駅まで戻り…

 

14時43分発のブロンテ、カターニア方面の列車に乗り込みました。

17時 ランダッツォ発のリポスト行きに間に合うには

どこで折り返すのがいいか時刻表を見て、車掌にも確かめ、

アドラーノまで行って折り返すことに決定。

 

ワインも入ってホロ酔い気分なので、

暖かい列車に座って車窓からの雄大な風景を楽しむのがこの時間一番。

 

それではその雄大なエトナの風景を皆さまもどうぞ。

 

アルジタル シチリアレポート randazzo

 

▼望遠レンズですが、エトナ山の頂上火口郡から蒸気が上がるのがよく見て取れる

アルジタル シチリアレポート randazzo

 

▼ピスタチオの名産地として知られるブロンテの町も車窓から一望

アルジタル シチリアレポート randazzo

 

アルジタル シチリアレポート randazzo

サボテンはシチリアの風景に欠かせない風物詩。

 

アルジタル シチリアレポート randazzo

そろそろ陽が傾き始め、風景が夕日に赤く染まるゴールデンアワー

山と雪と太陽の大スペクタクルです。

 

▼16:50山が赤く染まり始めました。

アルジタル シチリアレポート randazzo

 

▼17:00赤富士ならぬ赤エトナ

アルジタル シチリアレポート randazzo

 

アルジタル シチリアレポート randazzo

17:00過ぎ頃日没を向かえ、山と雪と太陽のコラボもそろそろ終焉が近づき…

 

アルジタル シチリアレポート randazzo

ランダッツォ駅についた頃には街の明かりが灯り始めていました。

 

アルジタル シチリアレポート randazzo

18:30 リポスト駅に戻った時に、すっかり夜の帳が下りていました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の記事

Vol.30 料理に明け暮れたとある一日 その5
Vol.29 料理に明け暮れたとある一日 その4
Vol.28 料理に明け暮れたとある一日 その3
Vol.27 料理に明け暮れたとある一日 その2
Vol.26 料理に明け暮れたとある一日 その1
Go Top