Sicilia Reportガイドブックにはのっていない情報を現地からレポート!

Vol.30 料理に明け暮れたとある一日 その5

────────────

→Vol.26 料理に明け暮れたとある一日 その1はこちら
→Vol.27 料理に明け暮れたとある一日 その2はこちら
→Vol.28 料理に明け暮れたとある一日 その3はこちら
→Vol.29 料理に明け暮れたとある一日 その4はこちら

────────────

私が使っているのはMONETAの鍋です。

アルジタル シチリアレポート

最近イタリアではこういうアルミにストーン加工のものをよく見かけます。

大抵はIH対応で鍋底に金属が付いているのですが、

これ、結構長く使っていると本体とこの金属板の間に汚れがこびりつき落とすのが大変なんです。

このメーカーのものにはこの金属板無し、全身ストーン加工のものがあります。

我が家は従来のガスコンロなので、 鍋底金属板は必要なし。

これはお手入れが簡単。なので気に入って使ってます。

 

アルジタル シチリアレポート

深めフライパン直径28cm、深さ6cm

上述のようにわがやでは一回に料理する量が多いので、

少々多めの野菜でもなんなく炒められます。

また、深めなので、カリフラワーやブロッコリーのように

コロコロしている大きめのお野菜でも蒸し器に乗せて蓋もしまります。

 

小フライパン 直径18cm、深さ5cm

目玉焼きを作ったりオムレツ作るときなど、少量のお料理の時に便利。

 

アルジタル シチリアレポート

片手鍋 中サイズ (直径16cm、深さ7cm、容量約1.5リットル)

これは裾広がりで鍋底の方が広めなので効率よく熱を受けます。

 

アルジタル シチリアレポート

両手鍋 (上部直径20cm、深さ9cm、容量約2.5リットル)

本当は大きめの片手鍋が欲しかったのですが、ないので。。。。

ただこちらのような両手鍋は、ムール貝のワイン蒸しなど、

途中で蓋をしたまま鍋を揺すったりするのに便利です。

白っぽいお鍋に持ち手がライトスモークブルーとおしゃれな感じなので、

鍋など作ってそのままテーブルに持って行っても良いですね。

 

ちなみに蓋は中身が良く見えるガラス製を利用しています。

 

アルジタル シチリアレポート

蓋も鍋にあわせてそれぞれだと結構かさばります。

同じ直径のものは兼用できるのですが、それでも。。。。

左のIKEA製のものはいろいろな直径に合うユニバーサルタイプ、

平らなので、置き場所に困らない(取っ手も折りたたみ式)ので便利ですが、

やっぱり直径があっている方が、鍋本体と密着してぴったり閉まるので、

個別鍋蓋の方が使い易いです。

 

イタリアには日本ではあまり見ないような家電もありますので、またの機会にご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の記事

Vol.30 料理に明け暮れたとある一日 その5
Vol.29 料理に明け暮れたとある一日 その4
Vol.28 料理に明け暮れたとある一日 その3
Vol.27 料理に明け暮れたとある一日 その2
Vol.26 料理に明け暮れたとある一日 その1
Go Top