シチリア産アーモンドはビタミンEが約3倍!?
秘められた美容効果

お菓子に加えたりサラダの上に振り掛けたりお料理に人気の食材アーモンド。
あのカリッとした歯ごたえや香ばしい味はいいアクセントになりますよね。

実はこのアーモンド、シチリアの名産品というのをご存じでしょうか?
2月になると桜のような薄ピンクのかわいらしい花が咲き乱れることから、
シチリアでは春の訪れを感じさせてくれる木として昔から愛されています。

さらに地中海の熱い日差しを浴びて育ったシチリアのアーモンドは、
ほかの地域で育ったアーモンドの約3倍ものビタミンEを含んでいるといわれています。

もともと栄養価の高い食材にもかかわらず、
それが約3倍も含まれているというのはすごいことですよね。
ちなみに、名産なだけあってシチリアには
「トローネ」「フルッタ・ディ・マルトラーナ」といった
アーモンドを使った伝統的なお菓子がいくつもあります。

そんなアーモンドですが、ビタミンE以外にも抗酸化作用のある
ポリフェノールやミネラルがたっぷり含まれていて、
悪玉コレステロールを減らしてくれる
働きもあるのだとか。
あの小さな一粒に栄養がたっぷりつまっているので、
美容や健康におすすめの食品として今とても注目を集めています。

さらに、アーモンドは食べるだけでなく「アーモンドオイル」としてお化粧品にも使われていて、
そのやさしい使用感が敏感肌の方や赤ちゃんの肌の保湿にぴったり。
食べても、肌につけてもみんな笑顔になる。アーモンドはまさに、シチリア自慢の植物です。

Go Top