キリストにささげる香り フランキンセンス

フランキンセンスの精油は、乳香の木の表面に傷をつけたときに出てくる樹脂に含まれているもので、「キリストに捧げる香り」ともして知られ、オリバナムや乳香とも呼ばれています。
また若返りの精油とも呼ばれ、古代エジプトではパックに使われていました。

キリストに捧げる香りと呼ばれた由来は、イエス・キリストの生誕の際に、三賢人が黄金とミルラ、
そしてこのフランキンセンスをキリストに捧げたと新約聖書に記されているエピソードからそう呼ばれているようです。

黄金が王権や権力、ミルラが商人や将来の受難、そしてフランキンセンスが預言者や聖性を象徴し、
この3つの贈り物のなかからキリストが選び取ったのはフランキンセンスだったといいます。

紀元前のエジプトでもこの香を焚いた煙を太陽神ラーに捧げたなど、
世界各地で祝いの場や宗教儀式で使われていたそうです。

このように高貴な香りとして愛される反面、アラビア半島では毎朝、
各部屋でこの香りを焚いて衣類に香りを移したり、
お客様を迎えるときにこの香を焚いた煙をかけたりと
日常生活に欠かせない香りという一面もあります。

そんな古くから愛されてきたフランキンセンスは、
甘さの奥にスパイシーさを感じる独特な香りがします。
心を落ち着かせて頭をリフレッシュさせて、集中力を高めたいときにぴったりです。

Go Top