Sicilia Reportガイドブックにはのっていない情報を現地からレポート!

Vol.31 シチリア庶民の胃袋 市場 カターニア

「20の文化でできたカクテル」と言われ、それぞれの時代の支配者たちが残していった文化が今随所みられるのがシチリアですが、食にもその多様性がみられます。

(詳しくは私のHP http://www.shizukohara.com/enogastronomia.htmlでもご案内してます)

 

食といえば、市場。

大都市では毎日、ちょっと小さな街だと毎週○曜日、あるいは隔週、

私の住むレトヤンニ(タオルミーナの隣町、人口約2000人)では、何と毎月21日。。。。

こうなると忘れてしまってほとんど行きません。

毎日市場のある大都市が羨ましい。

 

観光客の方でも立ち寄り易いのが、

パレルモ(毎日)、カターニア(日曜以外)、シラクーサ(日曜以外)、ランダッツォ(毎日曜日)などの市場です。

 

カターニア

代表的な市場は二つ、フィエラ(Fiela)ぺスケリア(Pescheria)です。

生鮮食品から身の回り品まで何でもあるのがフィエラ、

ステシコロ広場の裏手、カルロ・アルベルト・ディ・サヴォイア広場にあります。

 

▼ Fiela市場
アルジタル シチリアレポート Fiela 市場

 

魚市場ぺスケリア(Pescheria)は大聖堂のすぐ近くにあります。

1930年代に港の改築工事が行われてかなり埋め立てられたため今は街中にある感じですが、

もともとは港に船がついたすぐ前が市場だったわけです。

魚市場というとどうしても悪臭が漂いやすいので、水の豊富なアメナーノ川の河口にできました。

アメナーノ川はエトナの雪解け水が流れるきれいな川ですが、今は暗渠となって地下を流れています。

アメナーノの噴水はその水を利用していますが澄んだ美しい水が今でもみられます。

 

▼アメナーノの噴水
アルジタル シチリアレポート アメナーノの噴水

 

▼いろいろな魚をところ狭しと並べる魚屋
アルジタル シチリアレポート Pescheria 魚市場

 

▼イキが良いことを示すためにあえて魚を反らせてあります!
アルジタル シチリアレポート Pescheria 魚市場

 

▼色艶がくっきり、目が澄んでいるお魚、下のエビもツヤツヤで新鮮!
アルジタル シチリアレポート Pescheria 魚市場

 

▼塩漬けアンチョビ、イタリア語で満員電車なんかの混んでいる様子はアンチョビ状態というんです。(⌒▽⌒)

アルジタル シチリアレポート Pescheria 魚市場

 

▼貝専門の店、貝が潮吹いているんですが、わかりますか?
アルジタル シチリアレポート Pescheria 魚市場

 

▼スミイカもありました。
アルジタル シチリアレポート Pescheria 魚市場

 

▼うなぎもいました。こちらでもうなぎは生きて売ってます。にゅるにゅる動いてます。
アルジタル シチリアレポート Pescheria 魚市場

今回は新鮮な片口イワシ350g(€5)、

ツヤツヤのエビ6尾(€7)、

そしてスミイカ750g(€26)、

あさり1kg(€12)を購入しました。

 

市場で購入したシチリアの新鮮な素材を使ったお料理をご紹介!

 

▼続きはこちら

日本でもできる!シチリアの新鮮食材を使ったレシピ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の記事

Vol.36 アラブ人と貴婦人の壺に秘められた伝説
Vol.35 華麗なバロックと甘美なチョコレートの街、モディカ その2
Vol.34 華麗なバロックと甘美なチョコレートの街、モディカ その1
Vol.33 シチリアのお正月
Vol.32 日本でもできる! シチリアの新鮮食材を使ったレシピ3選
Go Top